カレーは飲み物と言いますが

昔ながらのとあるお蕎麦屋さんで頼んだカレーはまさに粘土のような物だったんです、小麦粉たっぷり入ってるのでしょうか結構粉っぽい感じもありました。

普段あちこちで外食していまして、カレーは勿論良く頼むんですがあのカレーはなんか衝撃的でしたね。
味はまぁ普通に美味しいんですが、粘り気と言うか水分の少なさに水を3杯ほど飲みました。
子供の頃母親が作ってたカレーもそう言えばお店とかで食べるカレーと比べて確かに水分少な目なドロっとした感じでしたが、それ以上のドロっと感なんです。

口の中でも良い感じに混ざるのに時間がかかり、ご飯はご飯、カレーはカレーって状態が長続きし過ぎです。
食器が傾いても全くこぼれないので良いんですが。

立ち食いソバでさえ普通のカレーが出るので忘れていましたが、確かに昔の蕎麦屋さんやらーめん屋のカレーってあんなのでしたね。
子供の時に食べた事がある気がしますが、大概は麺類頼むので忘れていました。
あれはもう流石に飲み物とは絶対に言えない唯一のカレーですね。